マーク・ジェイコブスについて

来歴

1963年、ニューヨークでユダヤ系アメリカ人の家系に生まれる。1981年に同地のハイスクール・オブ・アート・アンド・デザインを卒業。 ニュージャージー州ティーネックに母と暮らし、ニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザインに通った。在学中にペリー・エリスからデザイン賞を受賞。卒業後、ペリー・エリス(本人の死後だったが)でグランジ系のデザインを開始するなどチーフ・デザイナーとして活躍した。1986年に、米国オンワード樫山の支援で、「マーク・ジェイコブス」ブランドで初のコレクションを開催。1996年に独立してニューヨーク・コレクションに参加。1997年からはルイ・ヴィトンのプレタポルテのデザイナーも兼任している。2008年2月に、スウェーデンのデザイナー、ゴスタ・オーロフソンが1950年代にデザインしたスカーフと全く同じデザインのスカーフを発表した[1]と盗作疑惑が持ち上がり、オーロフソンの子息と賠償により決着した[2]。

日本との関係

デザイナーとして最初に大きな契約を交わした相手が日本企業(Marc Jacobs、Marc By Marc Jacobsの代理店)であった事から、親日家であり「僕がデザイナーとして成功できたのは日本の消費者のおかげ」とコメントしている。 来日した際に草間彌生を訪ね、マカロン(=水玉模様)のインスピレーションを得た。 2003年春、ルイ・ヴィトンの「モノグラム」ラインで日本人アーティスト村上隆とコラボレートしたバッグを発表。村上隆の名前と"kawaii(カワイイ)"という言葉が世界的に知られるきっかけとなった。


[PR]  海物語 攻略法 妊娠したい 精力剤 デトックス 効果 育毛シャンプー 仮性包茎 南アフリカランド 腸内洗浄 リンパマッサージ 緑内障 ダンディハウス トリプルバーン痩身コース 体験 アユーラ(AYURA)通販@口コミナビ



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』